« 花梨の花 | メイン | 時計草の花 »

ラークス

おいらの一番好きな花は「ラークス」にゃ。日本語では「陽慄」というにゃ。

なかなか香りが個性的で、ちょっと奇抜な外見もあって、あんまり一般的には有名ではないけど、中にはこれが好きで好きでたまらないって言うマニアも結構いるにゃあ。おいらもその一人。

そんなラークスの花言葉は、雲雀の煮凝り。これはイギリスのとってもポピュラーな家庭料理から来た言葉で、日本語で言えば家庭円満って所かにゃあ。人間関係のすれ違いでストレス溜まってしまったときなんかに、暗い部屋でこの香りを存分にかぐと嫌なこと全部忘れて、また頑張ろうって気がわいてくるにょ。