« かすみ草 | メイン | ひまわりは、あこがれと贈り物の象徴 »

花の意味

梅雨に入りました。



空梅雨のようで雨が少なく、タンボにひび割れが出来て

田植えの出来ないところも有るそうです。



でも今日は久しぶりの雨・・・うっとうしい一日です。



だけど、こんな時こそ、楽しい事や綺麗なものを見つけて

気晴らしするのも 梅雨の過し方でしょう。



雨とこの時期というと もう「」の限りますね!

特に雨に打たれているほど鮮やかに見える花。



かつて関西に建てた自分の家の庭先にも

咲き誇っていた花です。



花言葉は紫陽花の居場合は かんばしくないですねえ(笑)

移り気」ですものネエ



紫陽花は好きでも 移り気ではないつもりです。

でも・・・離婚したのは 移り気の性???

まさか!



先日は友人が「隠れた名所」と言って、2万平方mもある

紫陽花園の写真を送ってきました。



宮崎県門川町の遠見半島の山の上、滅多に人が

行くような場所では有りません。



個人の方が土地を買い取って自分の趣味で

長い時間をかけての傑作だそうです。





友人が言うのには 紫陽花の花の向こうに

太平洋の青い海が見えてとても素晴らしい。

そうメールに綴って有りました。



これが本当の隠れ名所でしょう。



紫、青、薄いオレンジ・・・様々な表情の紫陽花。

この色模様の多彩さが 花言葉の「移り気」なんですね。



カメレオンでなくて良かったですよ(獏)