« 勿忘草 | メイン | クローバー♪ »

天国までおばあちゃんにつたわった花言葉

私の好きな花言葉、というか、奇跡がおきて忘れられない大事な花言葉があります。

それはおばあちゃんが植物状態で最後のときに、お見舞いで私の大好きなユリをもっていったこと。

ユリは個人的に白が好きで、なんとなくかっていったんですが、私がもっていった時点ではつぼみでした。

そしておばあちゃんのよこにいけて、おばあちゃんが最後のとき、そこにいた孫、私をふくめ5人で呼びかけたら一度とまった慎三が1度だけうごきました。
そのあとはまた・・・・もう動くことはなかったけれど、そのなくなった瞬間に、
つぼみのユリが孫の5人分だけいきなり咲きました。
最初はそれだけさえ、みんな「奇跡だね」といってたのですが、おどろいたのはおばあちゃんのなくなったあとの名前。

ユリの白の花言葉は「純潔」。
おばあちゃんのなくなったときのお名前になにもおしえてないのにそれがはいっていたんです。

それから、ユリもその花言葉も私の永遠のものになりました。