債務整理をした場合、賃貸マンションの保証会社との契約はどうなるのか

多重債務に落ちって債務整理をした場合、賃貸マンションに住んでいてその保証を保証会社がしていた時はどの様になるのでしょうか。
例えば、個人再生を選んで債務整理をしたら、金融債務の処理には役立ちますが、その副次的な結果として信用情報機関にブラックの登録がなされます。
このような場合、保証会社は契約の解除を申し込んできます。
信用情報機関の情報からそのことはその会社に知られることになります。
家賃を保証する会社はかなり多くあって、全ての保証会社がそうであるとは言い切れませんが、入居審査の時会社は全てと言っていいくらい信用情報機関の個人情報を調べます。
その結果として契約解除され、その結果として賃貸契約も解除される公算が高いでしょう。
しかし賃貸契約に関して大家さんとの話会いで解決する場合もあります。
いずれにせよ債務整理をすることを考えたら経験豊富な岡田法律事務所に相談してみましょう。
賃貸契約を含めた良い解決策を提示してくれます。